koumoeの日々の事や洋服達をご紹介します
気分転換を兼ねて

 

偶には・・・

 

 

 

 

もう一曲どうです?

 

 

 

 

 

気分を高めたい時や

苛々した時にでも良いかと思いますよ。

 

洋服同様に、

普段お気に入りのモノとは違う

自身なりの楽しみ方としてね。

 

 

Vo.の方が短髪と長髪の時の

雰囲気の違いと同様に、

それぞれ着用する洋服によっても

与える印象は変わるかと思います。

 

春を迎えるにあたり、

髪型を変えて

新たな雰囲気に挑戦してみるのも

宜しいですね。

 

 

 

私も久し振りに

真っ白い髭でも伸ばそうかと。

 

そして中年特有の野暮ったい色目の合わせや

サイズ感を楽しんで。

 

勿論、あえて・・・ね^^

 

 

 

 

- - -
思い出にもなる 服

 

* Fujito

L/S Boatneck Shirts

 

 

 

 

柔らかく、フワフワ感が

心地良いコットンサーマルを使用して

おります。

通常は素材的にも硬ーく

ゴワツくのですが・・・

 

上品な柔らかさと肌触りで

季節的にも丁度良い厚さが

抜群の風合いも相まって

素肌の上に直接着用したくなったりしてね。

 

 

今期も大き目のシルエットになりますが

定番の企画でもある

ボートネックシャツになりますので

お好みのサイジングで

選ぶのも良いと思います。

 

 

 

これまでの提案と新たな組み合わせや

雰囲気を楽しんでみました。

 

 

Jacket / TCB jeans

Bottoms / BIG MIKE ARAN

Shoes / REPLANT

 

 

 

 

 

Coat / ARAN

Bottoms / BIG MIKE ARAN

Shoes / REPLANT SUPERGA

 

 

 

 

今回のインナーは・・・ 彼ら にて

 

ボートネックの目の上のタンコブ、

インナーですが

首元の開きを活かし

着込んだ後には首元から見えず

馴染む前には

開きのバランス感が絶妙で◎なんです。

 

 

 

 

 

このコは個人的にも

大好きなワードローブの一つ。

 

 

 

過去に、年頃の娘とのデートで

生地違いの同モデルを

着用していた際に言われた

何気ない一言を覚えています。

 

きっと、おねだり目当てだったかと

思いますが、それでもその一言が

袖を通す度に思い出すほど

嬉しかったことをね・・・

 

 

 

Fujito - -
これからにも・・・

 

 

素材的に

アイテム的に

活かせるコを。

 

 

とっても軽くてラクチンで

裏起毛が優しい肌触り。

ウールの様な容姿なのに

重くなり過ぎなくて。

 

 

春の訪れを感じさせてくれる様な

天候になってきましたが、

こちらの地域では朝晩にと

まだまだ

活躍してくれるかと思います。

 

 

 

 

新作の春物達と合わせても・・・

 

 

 

Outer / ARAN

Shirts / SWEEP!!

Bag / RE.ACT

Scarf / ROBERT MACKIE

 

 

 

 

Bottoms / have a good day

Cut&Sawn / gicipi

Shoes / SUPERUGA

Scarf / GILBERT WILSON of HAWICK

 

 

 

 

Vest / Beaver of Bolton

Shirts  / SWEEP!! 

Shirts / SWEEP!!

Bottoms / have a good day    ARAN   

Shoes / WALL SALL   WANDER SHOES  REPLANT

 

 

 

主役としても

脇役としても

気軽に春先まで使える

カーディガン。

 

 

 

今回の活かせるコは コチラ にて

 

 

 

Arvormaree - -
仕事の合間に

 

 

そろそろケアが必要な頃かなと思い

ゆっく〜り3日がかりで行いました。

 

 

今回は・・・

 

 

このコ

 

 

 

 

 

←側が 

クリーナーで汚れを落とし、オイルを多めに入れて

翌日まで浸透させたもの

 

→側が

ウエスで乾拭き後に

クリームを少なめに塗りブラッシングを行い、

翌日にもう一度ブラッシングをしたもの

 

 

 

 

このコも

 

 

 

 

 

 

このコは

革の部位の違いがより明確になりました。

 

 

いつ見ても味わいと深みの有る表情は

手間をかけただけ明確になって

尚更、愛着が湧いてしまいます。

 

 

どんなモノも、

大切に接して可愛がれば

愛着が持てる様になり、

身に着ける度に

気持ちが豊かになれて

自然に長く付き合いたくなるのかなと

思います。

 

 

そして、それを

どう使うか、どう楽しむのかは

御自身次第。

 

 

私は欲張りなので

可愛がっているモノ達を

更にどう楽しむか、

こんな使い方も・・・なんて

探求して裏付けしながら

提案させていただいてますので、

気軽にお問い合わせください。

 

 

一辺倒の組み合わせも良いですが

1つでも多く使えるようになれば

思考の幅も広がって

楽しめる事がより多くなりますからね。

 

 

 

- - -
お知らせ

 

細やかながら

本日より

2/12(火)までの期間中に

お買い上げして頂きましたお客さまに

プレゼントさせていただきます。

 

 

 

 

 

さて

今年の物は・・・

 

 

 

 

 

koumoeのこと - -
<< | 3/84 | >>